総量規制とは?その対象外となるもの

総量規制とは貸金業法で定められた、個人の借入総額を年収等の一定割合以下に制限する仕組みですが、住宅ローンなど不動産の購入のためのローンや、マイカーローン(自動車担保貸付け)などのほか、個人が事業用資金として借り入れる事業用ローンも、その対象外となります。

 

また、使途目的が自由な消費者金融のキャッシングサービスなどは総量規制の対象となりますが、銀行は貸金業者ではありませんので、同様のサービスであっても貸金業法の対象とはならず、銀行のカードローンは「総量規制対象外となります。

 

 

銀行のカードローン(キャッシングサービス)を紹介

総量規制対象外となるカードローンの中から、ネットから申込みが完結できて即日融資も可能など、おススメの銀行を紹介します。

 

三菱東京UFJ銀行

メガバンクの人気カードローン。最短当日融資も可能です。
三菱東京UFJ銀行の預金口座は必要ありません。

 

じぶん銀行

三菱東京UFJ銀行とKDDIが出資して設立されたインターネット銀行。
じぶん銀行の預金口座は必要ありません。

 

ジャパンネット銀行

三井住友銀行やヤフーなどが出資するネット銀行。
ジャパンネット銀行の口座を同時開設可能です。

 

その他はこちら ⇒ 総量規制対象外のローン

お金を借りる必要性について考える

人間にとって大金を必要とする場合は、何といっても家の建築費用が一番大きくて、次に自動車の購入だと思います。

 

人間生活にとって多額のお金を必要とする住宅の購入とか、自動車の購入になりますと、毎月節約をしてコツコツと貯金をしていったとしても、その夢がいつ実現するのか、なかなか先行きが見通せない状態です。

 

従って、夢のマイホーム実現とかマイカーの購入には、銀行からの借り入れに頼らざるを得ません。それも長期のローンで返済していくことになります。

 

また、若い頃は自己資金にも乏しく、お盆、正月の故郷への帰省費・お土産代、友達の結婚祝い金、交通違反の罰則金の支払いにも事欠くこともありましょう。

 

今では、このような場合には、クレジット・キャッシングを申し込んで持っていると、24時間いつでも利用が可能なわけですから、便利な世の中になったものだとつくずく思います。

 

但し、総量規制対象外の銀行であってもカードローンやキャッシングはあくまで借金であることをお忘れなく、自分の能力の範囲内で上手に利用しましょう。

 

一度に用意できない多額のお金が必要になったら、お金を借ります

できれば、借金などしたくない、これは多くの人がそう感じていると思います。収入内でやりくりして、貯金をしていきたいと、人々は希望するでしょう。

 

でも、手に入れたいものが、多額の場合は、手元にあるお金では足りなくて借金することがあります。お金を借りるということはローンを組むという言葉に置き換えることができます。

 

たとえば、家を購入するときに、ほとんどの人はローンを組むでしょう。車を購入するときに、ローンを組むことも多いです。また、教育費なども、お金を借りて、奨学金で行きたい学校へ行くことができます。

 

お金を借りるということは、私たちの身近にあることで、多くの人が行っていることなのです。そうしてお金が循環することで、経済も発展していくという側面があります。

 

とはいえ、とうてい返却できないような無理なローンをしないように、計画的によく考えてお金を借りることは大切です。

 

また、自分の目的に合った、金融機関でお金を借りると便利です。

 

即日必要で、それほど多くの金額でないときは消費者金融や総量規制対象外の銀行カードローンを利用するとか、なるべく低い金利で、目的に合ったローンで借りるのが良いと思います。


このページの先頭へ戻る